女性向けの転職エージェントなどを紹介

女性の転職を応援

 

転職エージェントランキング

女性の転職 転職とは、文字通り「職場を変えること」です。職場が変われば、人間関係がまず大きく変わります。上司や同僚、後輩お客様まで、新しい人間関係が始まります。時として、人生が変わるような出会いもあるかもしれません。
そして人間関係以外でも、新しいスキルやチャレンジなど様々な発見も仕事を変わることによっておこります。そして、これらのことによって、自分自身が人間として成長することにつながる場合もあるかも知れません。

 

つまり、転職というのは、今の自分の現状を打開し、希望にあふれるための一つの選択肢のように、見えなくもありません。いろいろプラス思考で考えたとき、転職っていいな。と、考えることは自然なのかもしれません。しかし、「転職したい!」と思ったとき、一度冷静に考えてみてもらいたいのです。転職後の自分を想像すると、新しい職場で、新しい肩書や名刺を準備して、希望に満ち溢れ、生まれ変わった自分の姿を想像することと思います。ついついワクワクしてしまう気持ちも当然だと思いますが、そこで考えてほしいことは、まず「なぜ自分は転職したいのか?」ということです。そして、「それは転職によって解決するのか?」ということなのです。

 

女性転職エージェント

転職エージェントランキング

 

転職エージェント

 

求人数 非公開求人 口コミ評価
3,000件 18,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社マイナビ IT・総合 全国

 

転職エージェント

 

転職エージェント

 

求人数 非公開求人 口コミ評価
4,000件 非公開 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社ワークポート IT・エンジニア 全国

 

転職エージェント

 

転職エージェント「Type」

 

求人数 非公開求人 口コミ評価
200件 22,000件 5つ星
運営会社 得意職種 対応地域
株式会社キャリアデザインセンター IT・総合 関東

 

転職エージェント

より良い職場や条件で働きたい

女性転職エージェント

転職エージェント の扉を叩き、転職相談に来られる方の中に、こんな悩みを抱いた方も見えます。今勤めている職場でどうしても人間関係が合わないというものです。上司には気に入られない。同僚とは話が合わない。いつも叱られてばかり。昼食もいつも社員食堂で、独りで食事することが多い。常に周囲の目線が痛い気がする。自分は、この会社で要らない存在のような気がする。会社で自分は浮いている気がする。といった内容です。しかし、本当に変えなければいけないのは「会社」なのでしょうか。本当に変えなければいけないのは「自分」なのかも知れません。人間関係の悩みの改善のためには、根本的な原因がどこにあるのか。そこにたどり着く必要があります。転職を考えている本人から、話をよくよく聞いてみると実は、人間関係がうまくいっていない原因は、本人にあるケースも意外と多いのが現状です。

 

転職ばかりを繰り返さないように

女性転職エージェント

転職 知らず知らずのうちに、自らが職場に居づらい環境を作ってしまっている場合が見受けられます。そこには、自分から積極的に、同僚や上司に働きかけることもなく、ただ受け身の姿勢で仕事をしている。せっかく飲み会に誘われても、人付き合いが苦手だから。といって参加することなく片づけてしまう。そして、これらの日常の行動が負のスパイラルと化し、ついには「転職」に解決を求めようとしてしまう。
仮にこの人が職場を変えることが出来たとしましょう。恐らく同じことが繰り返されることは容易に推察できます。なぜなら、問題は「職場」ではなく、「本人」にあるから。このことに他なりません。問題が本人である以上、職場をどれだけ変わっても解決は見込めないのです。

 

転職エージェントにまずは相談を

女性転職エージェント

職場の人間関係、収入アップ、キャリアアップなどご自身が転職先に求めるものを明確にしてから転職先を選ぶとより転職の成功に近づけるはずです。かといって初めからしっかりとした条件を持って転職活動をすることは難しいかもしれません。転職先に求める条件などは転職エージェントのスタッフと相談し、客観的な意見を参考にしてみてはいかがでしょうか?

結婚・出産後に働くためには何が必要?ママさんのお仕事探し

ママさんの職場復帰

 

個人以外の問題が山積み?出産・子育てを経てから職場復帰するのは大変なことです。福利厚生がしっかりしていて、何年経っても再び迎え入れることのできる企業であれば別ですが、現実は他の従業員をすでに入れていて、自分の戻る場所はもうないというケースが大半です。

 

働きたくてもまだ子供に手がかかる

 

保育園に入れたいけど定員数が満たされてしまってなかなか決まらない

 

なかなか職場復帰できない

 

上記のような負の連鎖が生まれてしまいます。また保育所だけでなく、企業のバックアップ体制も整っていないので職場復帰しにくいのが現状です。

 

待機児童問題はどうなってる?

待機児童は2010年の2万6,000人をピークに緩やかに減少をたどっています。しかしそれでも相変わらず2万人以上の子供が待機児童に認定されていて、まだまだ保育所不足が完全には解消しきれていないのが現状です。しかも実際はこの数値以上に待機児童がいるといわれています。その理由としては、認可されている保育施設に入れられないので泣く泣く認可外の保育施設に入れている児童も多いからです。認可外保育所の利用で本当は不満を持っている人も数多くいますから、実際には3万人以上が自分の希望しているところに預けることができていないということになります。
横浜市が一時期待機児童ゼロになりましたが、ニュースを見て子供を預けて働きたいという人が一段と増えたため、保育所の増設が追いつかず待機児童が再び増加しています。横浜市のようにある程度財政の確保が出来る自治体であれば保育所の増設も可能ですが、地方の自治体ではまだまだ保育所の増設が難しいのが現状です。

 

待機児童解消に向けた取り組みとは

待機児童を無くそうと政府が本格的に取り組みを始めたのは遡る2001年。その取り組みが功を奏して2007年には1万7,000人台まで数を減らすことに成功しましたが、再び現在は2万人以上の待機児童に増えてしまっています。この理由として保育士の給与待遇改善が思うように進んでいない現状があります。保育士の平均年収は300万円から350万円程度を推していて、安いところでは250万円程度のところも存在します。こうした現状を踏まえ2015年度予算案に保育士の補助制度を盛り込み、給料を月3万円以上アップさせる施策を打って出ています。これにより保育士が増加し、保育所の数も増えることを期待しています。せっかく保育士の免許を持っていても給料が安いということで違う業種に移ってしまう方が多くいました。そうした人を呼び戻すための施策が今後、どの程度発揮されるのか数年後に見えてきそうです。

働くママさんの職場の環境問題とは

女性が結婚、出産を経て再び働くには保育所の問題だけでなく、企業全体の意識改革が必要です。日本はどうしても長時間労働で残業が常習化している風潮があります。正社員になるとそのような職場環境になるケースが多いので、出産後の復帰は派遣社員など非正規社員になる割合が増えています。しかし安倍政権が掲げる成長戦略の中核として掲げる、「女性が輝く日本」によって今後社員として働ける女性が増えていくのではと想定されています。女性が出産、育児を経て再び再就職できるようにトライアル雇用奨励金を拡充させたり、女性社員の管理職率を上げることを上場企業に要請しています。積極的なインターンシップ事業やトライアル雇用を充実させ、再雇用しやすいような職場環境を作っています。

 

→アベノミクスで女性の社会進出は進んだのか?

なかなか職場が見つからない時には転職エージェントに相談

政府は女性が活躍できるような職場環境になるよう取り組んでいますが、やはりすぐに改善できるるものでもありません。休職期間が長くなり、ブランクが空いてしまうと敬遠してくる企業も増えてしまうのが現状です。そういったときは産休・育休に理解のある企業を見つけてくれる転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。子育てに関する制度の利用に消極的でしっかり休暇を与えたり、手当てを取っていない企業も存在します。転職エージェントに相談して産後休暇を8週間しっかりと与えている企業、社員の申し出を受け入れ1年間の育児休業制度を認めている会社を探してもらいましょう。社員の理解がある企業は復職希望の女性にも理解のある企業と受け取れます。

 

転職う活動を見据えて育児の間に少しでもスキルアップ

結婚・出産を経て、仕事復帰するには自分自身を磨いておくことも大切です。「保育所がないから働けない」、「ブランクがあるからどの企業も採用してくれない」など不満を挙げていても解決しません。それであれば自分自身をスキルアップさせて内定を勝ち取る努力も必要でしょう。
例えば事務職などで重宝されているマイクロオフィス検定取得に向けて勉強する、財務関連の仕事で役立つ簿記3級講座を受ける、などちょっとした空き時間に家でも勉強できることを探して復職に向けた自分自身のレベルアップを図ることも大切です。3ヶ月から半年程度の勉強で取得できる資格も多くありますから、子育てと平行して何か資格を取得しておくのも良いでしょう。

 

 

政府が女性の仕事復帰支援について取り組みを行っていますが、それだけをアテにしていては相変わらず再就職が難しいのが現状です。
資格を取得したり、子育て制度に理解のある企業を探すなど自分自身の行動も鍵を握ってきます。転職に関するサービスをフル活用して厳しい状況の中で希望の職場を見つけましょう。

 

女性におすすめの転職エージェントランキング