女性の転職の環境

夫婦共働きの家庭が増え、企業にも育児休業や、短時間勤務など、女性でも長く働きやすい制度が定着してきています。とはいえ、実際の転職活動を通じて、子どもを持つ女性の多くが感じること、それは「子どものいる女性は敬遠されがちである」という事実です。

企業と転職希望者との考え方の違い

たとえ採用条件に明記されていなくても、実際の採用面接では、「結婚しているか」「子どもがいるか」は必ず問われます。応募する側は、家庭や育児との兼ね合いをつけ、責任をもって勤務する覚悟でいても、家庭の都合で仕事に大きな影響を及ぼしてしまったり、業務量の増加に伴う残業に対応できなかったりする従業員を抱えたことのある企業では、必然的に子どものいる女性の採用を避けがちになります。
新たにフルタイム勤務の中途採用をする場合、同じ条件なら、家事や育児などの事情にとらわれる可能性の低い男性を採用するほうが、企業にとってはリスクが少ないのです。こうした事情は、採用・人事担当に携わったことのある方なら、理解できる面もあるでしょうが、多くの女性にとっては、期待との大きなズレを感じる部分でしょう。
女性の側からみても、実際に小さな子どもを育てながら働くことを考えた場合、一旦は正社員としての就業を辞め、パートアルバイトなど、時間や日にちの都合がつきやすい勤務形態に変えるほうが安心して働けるのはたしかです。企業側も必要なとき必要な時間だけ働ける人材は、女性であっても採用しやすいもの。しかし、育児の間だけでなく、体力的な面や、親の介護といった将来的な可能性まで視野に入れると、女性が長く働き続けるのは決して容易いことではありません。
特に40代以降、育児に手がかからなくなってから、正社員で再就職したいと考えた場合、そもそも募集が少ないことに加え、前職からのブランクが空いていることも不利な条件になりがちです。年齢を重ねるほど再就職や転職の選択肢が狭まるのは、女性に限ったことではありませんが、女性が40代以降になってから希望の職種に就くには、コツを押さえて積極的に行動することが大切です。

ランキング

マイナビランク

【マイナビエージェントの強み】

・求人票だけでは分からない情報を網羅
・業界専門のキャリアアドバイザー
・ワンランク上の応募書類・面接対策

運営会社 株式会社マイナビ
得意職種 メディカル(製薬・医療機器、看護師、薬剤師)、IT、クリエイティブ
求人数 23,000件以上
非公開求人:約17,000件

ワークポートランク

【ワークポートの強み】

・新規求人と非公開求人多数
・転職成功の為の無料セミナーが充実
・女性転職のサポート体制の充実

運営会社 株式会社ワークポート
得意職種 IT、インターネット関連、ゲーム企業
求人数 21,000件以上

タイプ

【type転職エージェントの強み】

・正社員・正社員登用あり求人9割以上
・育児と両立、18時までに退社求人多数
・未経験OKで専門スキルが身に付く!

運営会社 株式会社キャリアデザインセンター
得意職種 サービス・ファッション・IT・通販
求人数 1,000件以上
非公開求人:約4,000件

コメントをどうぞ